In this article, you will get all the information regarding 「夜の経済」が中国で最も人口の多い民族グループの自治区を照らす –

アジアネット 98410

中国、南寧、2022年10月21日 (ANTARA/Xinhua-AsiaNet) – 近年、広西チワン族自治区は「ナイトエコノミー」の発展を促進する一連の政策を発表した。 これを受けて、各地で夜の外食、夜の観賞、夜の娯楽、夜の買い物など「旅人の流れ」が「旅人の滞在」に変わる「ナイトエコノミー」が活発に行われ、これにより、夜の消費を効果的に活性化し、経済成長を後押しします。

南寧の「三街二路」、南寧のアセアン文化観光区、柳州の悦悦洞村、桂林の東西街、栄川観光リゾートなど、国家レベルの夜の文化と観光の消費クラスターが多数あります。桂林と崇左の太平古鎮は、広西チワン族自治区の「夜の経済」発展のモデルとなった。

夜の消費を改善するために、広西チワン族自治区は最近、「消費をさらに促進するためのいくつかの措置」を発行し、売り手が夜遅くまで営業し、夜の食事、夜のショッピング、夜のツアーを統合する多くの夜の文化と観光消費クラスターの育成と構築に集中することを奨励することを提案しました、など、強力な運転能力を持つ、すべての地域を「差別化」、「専門化」、「特性化」に取り組むように導き、夜の消費キャリアのアップグレードを促進します。

「ナイトエコノミーは、消費の活力を解放し、経済成長を促進する上で、ますます重要なエンジンの役割を果たしています。私たちは、ナイトエコノミーの革新と発展を促進し、ビジネス、文化、観光の統合を進め、新しいビジネスフォーマットを精力的に開発し、新しいものを育成します。夜の消費シーンを活性化し、夜の消費の新たなホットスポットを活性化し、都市経済のアップグレードに力を与える」と、広西チワン族自治区の文化観光局の副局長であるライ・フーチャンは語った。

南寧の繁華街に位置する「三街二路」は、歴史的に南寧の重要な商業的および文化的ランドマークであり、国家レベルの旅行およびレジャーブロックの最初のバッチとしても知られています。 「三街二路」に代表される中国南部の車線文化は、宋代に興った。 永州古城発祥の地であり、宋の時代にさかのぼることができ、明・清時代の南寧の城壁と堀の拠点でもあります。

近年、旧市街の改修や都市再生などの複数の有利な政策が推進され、かつて時代遅れだった「三丁二丁目」も新たな命を吹き込まれています。 革新的で多様なビジネス形態を通じて、南寧特有の文化的および歴史的遺産が展示されています。

明・清の時代を彷彿とさせる建築群は、夕暮れ時に多くの観光客で賑わいます。 アンティークな雰囲気が漂うバザールには、砂糖画や油茶、うちわ画、工芸品などの専門店が立ち並び、目を見張るような美しい展示品が並びます。 露天商が通りを行商し、住民や観光客が喧騒の中で行き来します。

人々の心を最も温めるのは、活力に満ちた世俗的な生活です。 「ナイトエコノミー」は、内需の活性化や人々の生活に大きな役割を果たしており、その繁栄は都市の活力を測る指標となっています。

夜が近づくと、南寧 ASEAN 文化観光エリアのストリート マーケットは昼間と同じように明るくなり、光と色があふれます。 近年、南寧アセアン文化観光区は「アセアンの窓 – 清秀の魅力」をテーマに、アセアンの要素と荘の風習を有機的に統合し、都市建設やレジャー消費に反映され、ショーの窓口となっています。中国と ASEAN の開放性と協力によって得られた革新的な成果。

現在、南寧 ASEAN 文化観光エリアには 2,000 を超えるナイト ビジネス企業が集まり、8 つのナイト テーマの消費活動を展開しています。グリーン シティ ナイト シーン、ASEAN ナイト バンケット、Mixc ナイト ショッピング、ファッション ナイト エンターテイメント、シンボ ナイト アコモデーション、荘ブロケード ナイトです。ショー、グリーン ヒル ナイト ヘルス ケア、ブック シー ナイト リーディング。

晩秋の夜、桂林の東西街はライトアップされ、活力にあふれ、観光客でにぎわいます。 「古い城壁と通り」で有名な東西街は、1,000 年以上にわたり桂林の興亡を目撃しており、高い歴史的および文化的価値を保持しています。 2013年、中国共産党桂林市委員会と桂林市人民政府は、東西街の修復と再建プロジェクトを開始し、元の外観を維持しながら現代的な要素を追加することで、歴史的、文化的、レジャー街を建設しました。

2016 年に東西街がオープンした後、すぐに桂林のダウンタウンの文化観光の新しいランドマークになりました。 東西街は、業態面で特徴的なブランドを積極的に紹介し、有名ブランドやショップを集め、食べて、飲んで、遊んで、楽しんで、旅行して、買い物して、娯楽をワンストップで提供しています。

「特に休日や夕方には、東西街に大勢の人が行き交います。仕事の後にここに来て、装身具を売ります。収入は非常に良いです」と、装身具屋のオーナーである張さんは言いました。

出典:広西チワン族自治区文化観光局

The post 「夜の経済」が中国で最も人口の多い民族グループの自治区を照らす appeared first on .

「夜の経済」が中国で最も人口の多い民族グループの自治区を照らす –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com