In this article, you will get all the information regarding インドネシア、G20 サミットで先進国とグリーン エネルギー協定を締結 – アジア太平洋地域 –

ロイター

ジャカルタ●
2022年10月20日(木)

2022-10-20
09:45
0
c5899ceba9df082b5eba6392e503a0d9
2
アジアおよび太平洋
グリーンエネルギー、再生可能エネルギー、ジョコウィ、インドネシア
無料

エネルギーアナリストによると、インドネシアは、11月にG20サミットを開催する際に、先進国とのクリーンエネルギーパートナーシップを確保し、石炭火力への依存を減らし、環境に優しく公正な移行を実施するための国際資金を獲得する予定である.

数十億ドル規模の合意は、インドネシアが石炭火力発電所を早期に廃止し、裕福な国、開発銀行、民間銀行、慈善家の支援を受けて再生可能エネルギーへの投資を増やすのに役立つと期待されています。

エネルギーと環境のシンクタンクであるインドネシアに本拠を置くエッセンシャル サービス改革研究所の所長であるファビー ツミワ氏は、11 月 15 ~ 16 日に世界の上位 20 か国の指導者が集まるバリでこの取引が発表されると述べた。

インドや中国など、よりクリーンなエネルギーへの移行を計画している他のG20や石炭産出国への模範となる一方で、ジョコ・ウィドドの「大統領職にとって大きな勝利」になる可能性があると彼は述べた。追加した。

昨年の COP26 気候サミットで、米国、英国、フランス、ドイツ、欧州連合は、南アフリカが石炭から「公正なエネルギー移行」を達成するのを支援するために 85 億ドルのパッケージを提案しましたが、資金の種類とその展開方法。

インドネシアの他に、ベトナム、インド、セネガルなどの国も同様のパートナーシップについて協議中です。

地球温暖化に取り組むためのパリ協定の下で、世界で 8 番目に大きな炭素汚染国であるインドネシアは、2030 年までに通常のレベルと比較して排出量を約 32% 削減することを約束し、2060 年までに正味ゼロに到達することを望んでいます。

しかし、インドネシアの電力のほぼ 85% は化石燃料から生成されており、石炭火力発電所が同国の電力需要の約 60% を供給しています。

石炭火力を再生可能エネルギーに置き換えることは、資金が限られた開発途上国であり、COVID-19 パンデミックの経済的影響からまだ回復しているインドネシアにとって費用がかかります。

クリーン エネルギーへの移行協定の原則は来月発表される予定ですが、その範囲の詳細と、グリーン シフトの資金調達方法を概説する投資計画は、2023 年に発表される可能性が高いと Fabby 氏は述べています。

インドネシアにとって最良の再生可能エネルギー源は、太陽光、水力、地熱発電である、と彼は付け加えた。

しかし、それらに切り替えるには、2030 年までに約 1,350 億ドルの資金が必要であり、移行協定の成功は、裕福な西側諸国による約束にかかっている、と彼は述べた。

「(インドネシアの)政府は、2030年までに電力部門の40%に達するように再生可能エネルギーを増やしたいと考えており、それには大規模な投資が必要です」とトゥミワ氏はトムソン・ロイター財団に語った。

再生可能エネルギー法が待っている

一般炭の世界最大の輸出国であるインドネシアは、2025 年までにエネルギー ミックスにおける再生可能エネルギーの割合を 23% まで増やすことを目指していますが、これまでのところ約 12% に達していません。

世界資源研究所インドネシアのエネルギー専門家であるクロリンダ・ウィボウォ氏は、ジャカルタはG20サミットで廃止予定の石炭火力発電所のリストと、すべての産業でより環境に優しいエネルギー利用を促進する計画を発表する可能性が高いと述べた。

再生可能エネルギー法はまだ最終決定中であり、ドナーとのエネルギー移行協定は、閣僚レベルでまだ審議中であるため、実施に関する詳細が欠けている可能性があることを意味すると Wibowo 氏は述べた。

ジャカルタの ASEAN および東アジア経済研究所のエネルギー経済学者、Alloysius Joko Purwanto 氏は、この取引の最初のバージョンでは、総額が特定され、石炭火力発電所の廃止、再生可能エネルギーへの投資、エネルギーの近代化などの主要な柱が概説される可能性が高いと述べました。送電網。

「資金がローンや債務として与えられた場合、国民の受け入れは低くなるだろう」と彼は付け加え、公共団体や市民社会団体との取引の展開について協議するよう求めた.

森から力へ

ジャカルタの経営コンサルタント会社カーニーのパートナーであるアレッサンドロ・ガッツィーニ氏は、インドネシアの林業部門は地球温暖化の総排出量の 55% を占めているのに対し、電力は約 35% を占めていると述べています。

しかし、近年、森林破壊への取り組みを前進させた後、政府は「インドネシアのネットゼロへの道の次の段階は電力部門を整理する必要があることに気付いた」と彼は述べた。

インドネシアは世界で 3 番目に大きな熱帯雨林の本拠地ですが、パーム油の最大の生産国でもあり、木材の主要な供給源でもあります。

2015 年以来、森林火災に取り組む取り組みを強化し、原生林と炭素が豊富な泥炭地を他の用途に転用するための新しい許可を禁止し、パーム プランテーションの新しい許可を一時的に停止し、損傷した泥炭とマングローブを復元するための機関を設立しました。 .

ガッツィーニ氏は、政府に重要な収入をもたらす新しい石炭火力発電所と 20 以上の強力な炭鉱会社のパイプラインがあるため、電力部門のクリーンアップも大きな課題になると述べています。

石炭火力発電所を早期に廃止し、再生可能エネルギーを増やして 2060 年までに正味ゼロにするには、2 兆ドル以上の資金が必要になるだろうと彼は推定し、G20 サミットでの移行協定の下でなされた約束は、合計すると 70 億ドル未満になる可能性が高いと付け加えた。

ベトナム、インド、中国とは異なり、インドネシアは再生可能エネルギーへの投資を加速するためにほとんど何もしていません。つまり、ジャカルタはグリーンエネルギーへの移行を可能にするために改革を行う必要があるかもしれません.

これには、独立した規制電力機関の設立と、全国の事業者からのグリッド管理の分社化が含まれる可能性があると彼は述べた。

「現在のシステムの制約内でこれを実現するのは難しいだろう」と彼は付け加えた.


The post インドネシア、G20 サミットで先進国とグリーン エネルギー協定を締結 – アジア太平洋地域 appeared first on .

インドネシア、G20 サミットで先進国とグリーン エネルギー協定を締結 – アジア太平洋地域 –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com