In this article, you will get all the information regarding ウクライナでの戦争は公の場で世界の分断を拡大する –

世界中で、国際政治に対する大衆の態度は、2 つの対立するブロックに融合しています。米国を支持する自由民主主義国と、中国とロシアを支持するより権威主義的な国の市民です。これは、ウクライナでの戦争によって加速されたプロセスです。

これは、2022 年 2 月にロシアがウクライナを攻撃して以来 75 か国を含む 137 か国で実施された調査のデータを「調和」させたケンブリッジ大学の研究者によると、10 年にわたって拡大している格差が現在世界の人口を分断していることがわかりました。

彼らは、ロシアの戦争により、西側の人々は米国とNATOの両方にこれまで以上に忠誠を感じるようになり、ラテンアメリカと東ヨーロッパのより裕福な民主主義国が親米的スタンスに向かうようになったと言います.

しかし、報告書はまた、東アジアから中東を経て西アフリカに向かって伸びる非自由主義的で非民主的な社会のゾーンを特定し、正反対の傾向を特徴としています。年。

大学のセンター・フォー・ザ・フューチャーが本日発表したレポートによると、世界の自由民主主義国家に住む12億人のうち、4分の3(75%)が中国に対して否定的な見方をしており、87%がロシアに対して否定的な見方をしている。民主主義の(CFD)。

しかし、残りの 136 か国に住む 63 億人の人口は逆で、70% の人が中国に対して、66% がロシアに対して好意的に感じています。

この分析には、新興経済国とグローバル サウスの重要な世論データが含まれており、この分断は単に経済的または戦略的なものではなく、個人的および政治的イデオロギーに基づいていることを示唆しています。

ケンブリッジ大学ベネット公共政策研究所のザビエル・ロメロ=ビダル博士は、「世界はリベラルな領域と非自由な領域に分かれている」と述べた。 「今日の世界的な分断は、国家間の歴史的なつながりにあまり依存していません。 世界中の社会が地政学的にどのように連携しているかを示す最も強力な指標は、表現の自由などの基本的な価値です。」

海洋 vs ユーラシア圏

新しい分断の一方の側には、研究者が「海洋同盟」と呼んでいるものがあります。この同盟は、貿易とアイデアの自由な流れと個人の権利の保護に基づく原則を備えています。

これらの国には、ヨーロッパの大部分と、南北アメリカとオーストラリアのより安定した地域が含まれます。 トランプ大統領の混乱にもかかわらず、彼らのロードスターは依然として主に米国です。

対立するクラスターは、中国とロシアを中心とする「ユーラシア・ブロック」を中心としており、大陸を横断して中央アジア、イラン、中東アラブ諸国、アフリカと東南アジアの大部分につながっています。

研究者は、冷戦時代とのいくつかの比較はまだ有効であると述べています。この後者のグループは、「西側の近代性」とリベラルな価値観を拒絶することで広く団結しているためです。

ケンブリッジ大学ベネット研究所の CFD の共同ディレクターで共著者の Roberto Foa 博士は、次のように述べています。

「プーチンのような独裁者は、西側の自由主義の認識された脅威に対して、彼らが「伝統的な」価値観と呼ぶものの擁護者としての地位を確立する機会を得ました。」

ウクライナとの戦争はこの分裂を「活性化」させたが、調査結果は、地政学に関する世界の世論が10年前にははるかに混乱し、定義されていなかったため、それが形成されるのに10年かかったことを示唆している.

研究者たちは、中国の自己主張と国境を越えたインフラ投資がダイヤルを変えるのに役立ち、中国とロシアの両方がアフリカに戦略的に焦点を合わせるのに役立ったと主張している.

「ロシアの戦争は、この世界的な分断を激化させました。現在、リベラルな自由と権威主義の両面を反映した文字通りの戦線が描かれているからです」とフォアは述べました。

「世界中のさまざまな人々がロシアに対してどのように感じているかを見ると、各国政府がこの国を外交的にどのように扱ってきたかについて、ほぼ同じことが反映されていることがわかります。」

中国、ロシア、米国 – グローバルな態度データ

報告書によると、ロシアはこの 10 年間、西側の過激派の間で「フリンジ」の支持を失っている。 ロシアに対して肯定的な見方を持つ西側市民の割合は、2022 年のウクライナ侵攻の前夜までに 5 人に 2 人 (39%) から 4 分の 1 未満 (23%) に減少し、現在は 8 人に 1 人にとどまっている ( 12%)。

一方、ロシアに対する国民の好意は、ギリシャ (69% から 30% へ)、ハンガリー (45% から 25% へ)、イタリア (38% から 14% へ) など、以前は同情的だったヨーロッパ諸国で急落しました。

しかし、発展途上国の地域では、ロシアは依然として好意的に見られています。 これには、南アジアの回答者の 75%、フランス語圏のアフリカの 68%、東南アジアの 62% が含まれます。

実際、2022年の侵略にもかかわらず、ロシアの世論は、パキスタン、サウジアラビア、マレーシア、そしてインドとベトナムの両方で依然として肯定的です.

同様に、中国に対する態度は今や西側諸国を他から引き離している。 わずか 5 年前、西側市民の 5 人に 2 人 (42%) が中国に対して肯定的な見方をしており、その数字はほぼ半分 (23%) になりました。

しかし、Covid関連の落ち込みの後、特に巨大な「一帯一路イニシアチブ」に参加している147カ国の46億人の間で、発展途上国での中国の人気が回復し、その3分の2近くが中国に対して肯定的な見方をしています。非参加国ではわずか 4 分の 1 (27%) でした。

唯一の大きな例外はラテンアメリカのようです。他の発展途上国地域とは対照的に、回答者は現在、中国よりも米国を 24% ポイントリードして支持しています。

民主主義への不満

新しい断層線の多くは、民主主義に対する態度に根ざしています。 「民主主義社会はロシアと中国に対してはるかに否定的ですが、権威主義社会ではその逆です。 この関連性は 10 年前には存在しませんでしたが、今日では非常に明確です」と、ロメロ ビダル氏は述べています。

しかし、多くの選挙民主主義国は、ロシアと中国に対して非常に好意的です。 これらは、インドネシア、インド、ナイジェリアなど、腐敗と民主的正当性に苦しんでいる国です。

実際、民主主義に対する不満は、ほとんどの人がロシアに対して好意的に感じている国の 69% で過半数を占めています。 さらに、民主主義への不満が過半数を占める国のうち、4 分の 3 (73%) の国では、中国に対して肯定的な国民もいます。

「民主主義の欠点と認識されていることは、ロシアと中国に対する大衆の受容性が高まっていることと関連しています。 最も確立された民主主義国でさえ近年実証されているように、民主主義と自由な表現は厄介です」とフォアは付け加えました.

「中国は権威主義的な近代化のモデルを提供しており、そこでは経済成長と国家の威信を約束するために個人の自由が放棄されています。 米国に対する中国の相対的な魅力は、単に同盟国としての米国の魅力の問題ではなく、政治モデルとしての米国の魅力の問題かもしれません。」


The post ウクライナでの戦争は公の場で世界の分断を拡大する appeared first on .

ウクライナでの戦争は公の場で世界の分断を拡大する –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com