In this article, you will get all the information regarding 政府は、人身売買の恐れの中で、海外の市民を保護するために動きます –

水曜日、東ティモール政府は、移民が人身売買ネットワークにだまされているという懸念が高まる中、国外にいる自国民を保護するための行動を合理化することを目的とした措置を含む法律を承認した。

内閣によって承認された法令は、「自然災害または公共秩序の重大な混乱が発生した場合の支援の提供」および本国送還の状況などの側面をカバーしています。

逮捕または拘留の場合の食料支援および緊急宿泊施設および支援は、法律の対象となるその他の措置です。

内閣府大臣の Fidelis Magalhães は Lusa に、法令は、ティモール国民が主に海外でだまされ、見捨てられているという現象によって引き起こされた「大きな懸念」に対処するために政府が進めている一連の措置の一部であると語った。ポルトガルで。

「閣議中、首相はまた、旅行代理店や個人を管理する必要性について非常に明確な指示を出しました。なぜなら、多くの人が人々をだまし、偽物を売り、国外の雇用機会について偽りの情報を提供していることを私たちは知っているからです」とマガリャエスは言いました。 .

「5,6000ドルも払っている人がいることがわかりました。 [€5,100 or €6,100] 機会があるという正確な確認なしに、これらの旅行のために」と彼は続けた. 「これらの機関の所有者の中には、単にお金を請求して人々を欺くためにそこにいる人もいます。」

東ティモールでの仕事の不足は、若い労働者の流出をもたらし、ポルトガルが主要な目的地の 1 つになり、多くのティモール人が他の国よりも簡単な入国条件を利用しています。

この需要は、仕事やビザの約束で多額のお金を請求されている若いティモール人をだまそうとする代理店や広告の出現につながっています.

多くの人はだまされてしまい、ポルトガルを含むホスト国で実質的に見捨てられたままになります. 最も劇的な状況は、リスボンとセルパのアレンテージョ内陸部で見られ、多くのティモール人が路上で生活し、他の人々は一時的な施設で集団生活を送っています。

家族はまた、非常に高い金利で発行された違法なローンという形で、多額の借金を抱えることになります。

「政府は、内務省と関連機関に、この慣行を調査して停止するよう指示しました」と大臣のマガリャエスは述べました。 「調査は進行中であり、私たちはMPに電話します [Office of Public Prosecutions] もっと積極的に。」

マガリャエス氏は、状況は幹部に「大きな懸念」を引き起こしているが、「安全な移動とポルトガルとのより深い統合」を確保するための措置を進める機会があるかもしれないと述べた.

それを念頭に置いて、外務協力省(MNEC)と社会連帯と包摂省(MSSI)に、これらの移民を正規化するのを助ける方法についてリスボンの担当者と話し合うように指示が与えられたと彼は説明した.動き。

「この状況は、統合と流動性を低下させる理由であってはなりません」と彼は主張しました。 「東ティモール側では、誰がこれらの慣行を行っているかに関係なく、これらの違法な慣行を終わらせる責任がありますが、おそらく将来の窓が開かれ、より機動性が高まり、信頼できる状況と真の機会がもたらされる可能性があります。 」

マガリャエス氏によると、このシナリオには、ポルトガルに行く労働者が、東ティモールが資金提供する特定の専門的訓練とポルトガル語での訓練を受け、労働市場へのより良い統合を可能にするプログラムが含まれる可能性があります。

「そこで、ここではまず、夢と虚偽の情報でここからスタッフを動員して彼らを欺くことを目的とした虚偽の情報と違法行為を止めなければなりませんが、トレーニングの機会を作ることが可能かどうかについてポルトガルと話し合う必要があります, 東ティモール人の能力開発.ポルトガル語と職業訓練メカニズムで」と彼は言いました。

Magalhães 氏は、東ティモールは、ポルトガルが加盟しているシェンゲン圏に起因する義務を認識しているが、労働移動と統合のための新しい空間を作る選択肢があると述べた。

現在承認されている法令に関連して、大臣は、政府がいくつかの状況でより迅速に行動する余地を与えていると述べたが、一方で、政府の永続化に役立たない公共政策の観点から考える必要があることも強調した。現在の違法行為。

「この問題は法的な問題だけではありません」と彼は言いました。 「政府は違法行為を助長してはならない。 この支援は、家族が責任を負わずにこれらの旅行の支払いを続けるインセンティブであってはなりません。

「政府はそれが裏目に出ることを望んでいない」と彼は続けた。 「私たちには保護する憲法上および法的責任がありますが、教育的な要素がなければなりません。 間違った約束をして、パンドラの箱を開けて終わりのないプロセスに乗り出すことはしたくありません。」

水曜日、ティモールの警察と捜査当局は、人身売買の可能性を減らすために移民の管理を強化することを約束し、関連するネットワークの調査を続けました。

この決定は、東ティモール国家警察(PNTL)、犯罪捜査科学警察(PCIC)、国家情報局(SNI)、東ティモール国防軍(F-FDTL)、入国管理局、企業登録および検証サービス(SERVE)、人身売買と闘う委員会。

「私たちは、ドイツ、アブダビで見捨てられたティモール市民の状況に関する懸念の枠組みの中で、治安に関連する団体と会合を持ってきました。 [in the United Arab Emirates]、マレーシア、ポルトガル」と大統領の軍事補佐官の代理を務める陸軍少佐のフランシスコ・ダ・シルバはジャーナリストに説明した。

「27日に約250人の東ティモール人が国外に旅行するという情報がある」と彼は述べた。 「この事実に関する懸念を考慮して、私たちはこの問題に対処するためのアイデアを議論するために治安部隊を招集しました。 今後は、法律とすべての規制が確実に遵守されるように行動します。」

軍関係者は、当局は人身売買の可能性のある事件に関与する「違法機関」の調査を続けており、その結果、「5,000 人以上のティモール人」が海外で「放棄」または困難な状況に置かれていると述べた。

The post 政府は、人身売買の恐れの中で、海外の市民を保護するために動きます appeared first on .

政府は、人身売買の恐れの中で、海外の市民を保護するために動きます –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com