In this article, you will get all the information regarding 海軍艦隊に潜水艦を追加することは「優先事項」ではありません — BenarNews –

フィリピンは、軍事近代化プログラムの下で潜水艦の取得を延期することを決定した、と国防総省は水曜日に発表し、政府の資金が限られているため、購入は「優先事項」ではないと述べた。

国防総省のスポークスマンであるアルセニオ・アンドロンは、潜水艦プロジェクトが後回しにされている理由として、「政府のリソース」の不足を挙げました。 今月初め、国防省は軍の近代化プログラムが再び遅れたと発表した。

潜水艦は、2023 年に開始され 2028 年まで実行されると予想されていた近代化プログラムの最新段階である Horizo​​n 3 の間に取得されることになっていました。 2022年。

「潜水艦はホライズン3の希望リストに載っていますが、政府が利用できるリソースの制限を認識して、前政権中に署名された契約の実施を優先しています」とアンドロングは声明で述べた。

6月に辞任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領の前政権の防衛および軍の高官は、少なくとも2隻の潜水艦を取得することを計画していた. 海軍は、兵站支援と潜水艦を収容する港の開発を含め、このプロジェクトに約 700 億ペソ (12 億米ドル) の費用がかかると見積もっていました。

「潜水艦の調達は、現時点ではまだ部門の優先事項ではありません」とアンドロングは声明を発表した後、記者団に語った。

「潜水艦は高価です。 もし私たちがそれらを購入すれば、その費用は、私たちが毎年得ている 200 億から 250 億ペソの予算 (3 億 3870 万ドルから 4 億 2340 万ドル) を超えることになるでしょう」と、軍の近代化プログラムへの資金提供について話し合った際に、彼は言いました。

艦隊に潜水艦を保有していない海軍が潜水艦を追加する準備ができているかどうか尋ねられたアンドロングは、「プログラムを実行するために何が本当に必要かを判断するために、現在海軍がプログラムを見直し評価しているとだけ言っておこう.」

フランスは、ブルネイ、マレーシア、ベトナム、台湾とともに、南シナ海をめぐって中国との領土紛争に関与している東南アジアの国への潜水艦の供給に関心を示している国の1つであると彼は言った。 原告国ではないインドネシアは、北京と別の紛争を抱えている。

アンドロングは、フランスが自国の水域を探索する許可と引き換えに潜水艦を提供していたという地元メディアの報道を否定した。

「フランスを含む多くのサプライヤーが潜水艦の販売に関心を示しています。 しかし、フィリピンの海域を探索する許可と引き換えに、潜水艦の提供を国務省に申し出ているという報告には真実はありません」と彼は言いました。

「フランスとは2016年に防衛協力に関する協定を結んでおり、フランスの代表者と国務省が関与する過程で、そのような提案について言及したり議論したりすることはありませんでした。」

アンドロング氏は、どのような合意も憲法に準拠し、国の利益を守るものであると述べた。

先月、在フィリピン・フランス大使のミシェル・ボコズは潜水艦契約の可能性について話し合った。

「進行中の議論があります。 入札があり、提案がありました。 これは通常の議論です」とボコズはマニラでの防衛フォーラムの傍観者として語った.

彼女は水曜日にコメントを求めたベナーニュースのリクエストにすぐに応答しませんでした.

The post 海軍艦隊に潜水艦を追加することは「優先事項」ではありません — BenarNews appeared first on .

海軍艦隊に潜水艦を追加することは「優先事項」ではありません — BenarNews –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com