In this article, you will get all the information regarding 3期目の承認後、中国はG20への習主席の参加をほのめかしている : The Tribune India –

PTI

北京、10 月 20 日

中国は木曜日、習近平国家主席が与党共産党の進行中の議会で記録的な 3 期目の支持を得ることを広く期待されているが、来月インドネシアで開催される G20 サミットに出席するという微妙なヒントを落とした。

また、中国外務省は習主席の10年間の統治下で達成された「外交上の成功」を誇示し、習主席の在位期間中、中国は主権と安全を「しっかりと」支持してきたと述べた。

10 月 16 日からここで開催される中国共産党 (CPC) の 5 年に 1 度の大会は、前例のない 3 回目の 5 年間の任期、またはおそらく今週後半に習氏の終身在職期間を承認することが広く期待されています。憲法改正を通じて彼の権力を強化することに加えて。

69 歳の Xi を除いて、議会は総理を含む一連の新しいトップレベルの指導者と役人を支持し、10 年後に CPC 指導者の定年退職をすべて破る準備ができている中国国家主席の下での新政権を予告する。 – 在職期間。 今年で 10 年間の任期を終える習氏は、党の創設者である毛沢東に続いて、中国の指導者として初めて権力を維持し、30 年間の統治に正式に終止符を打ち、前任者が引退することになる。 木曜日にここで行われた特別なメディアブリーフィングで、中国共産党の当局者は、中国の外交は習主席の在任中に「前例のない歴史的な」突破口を達成したと主張した。

「我々はインドネシアのG20議長国を積極的に支持し、『より強く回復し、共に回復する』というバリ・サミットのテーマを支持する」来月のバリでのG-20サミットに出席します。

「中国は首脳会談が新型コロナウイルスに対する国際協力を強化し、世界経済の回復を促進し、世界の食料エネルギー安全保障を守る上で建設的な役割を果たすことを望んでいる」と述べた。

「首脳会談への中国の指導者の参加に関しては、適切な時期に関連情報を発表する」と述べた。

習主席の権力継続を議会が支持することは、当局者が習主席を党の「中核指導者」と見なすことで合意が成立したと公式に予測されているが、指導力に関する公式決議は、会議の最終日である 10 月 22 日に可決される予定である。 .

The post 3期目の承認後、中国はG20への習主席の参加をほのめかしている : The Tribune India appeared first on .

3期目の承認後、中国はG20への習主席の参加をほのめかしている : The Tribune India –

For more visit deathintown.com

Latest News by deathintown.com